ENGLISH / 日本語

02.17 / SuperDeluxe 20:00 – 23:00
(Open 19:30)

Alessandro Cortini presents AVANTI [live A/V]
Puce Mary [live]
Synth Sisters [live]

Advance: 3000 JPY (+ 1 drink charge)
Door: 3500 JPY (+ 1 drink charge)

BUY TICKETS

 

02.18 / Contact 22:00 – 06:00

DJ Stingray 313
Laurel Halo
Sigha [live]
Renick Bell [live]
DJ Fulltono
Okuda
Yousuke Yukimatsu
100mado
API

Adv./ Contact S Member/ Under 23/ Before 23:00: 2500 JPY
With Flyer: 3000 JPY
Door: 3500 JPY

BUY TICKETS

 

02.19 / Contact 17:00 – 23:00

Alessandro Cortini + Merzbow [live]
Ena + Rashad Becker [live]
A Vision of Love [live]
Ryo Murakami [live]
KILLER-BONG [live]
Atsuhiro Ito [live]
カイライバンチ (Kairai-Bunch) [live]
VELTZ [live]
BUN [live]
威力 (Iryoku)
Compuma
DJ Yazi
Iroha [VJ]

Adv./ Contact S Member/ Under 23/ Before 18:00: 3500 JPY
With Flyer: 4000 JPY
Door: 4500 JPY

BUY TICKETS

 

Physical advance tickets are on sale at diskunion stores (Shibuya Club Music Shop, Shinjuku Club Music Shop, Shimokitazawa Club Music Shop, Ochanomizu Eki-mae, Kashiwa and Kichijoji), Los Apson? and Julius Tokyo Store.

2/17(金) SuperDeluxe 20:00 – 23:00
(Open 19:30)

Alessandro Cortini presents AVANTI [live A/V]
Puce Mary [live]
Synth Sisters [live]

Advance: 3000 JPY (+ 1 drink charge)
Door: 3500 JPY (+ 1 drink charge)

BUY TICKETS: RA Japan e+

 

2/18(土) Contact 22:00 – 06:00

DJ Stingray 313
Laurel Halo
Sigha [live]
Renick Bell [live]
DJ Fulltono
Okuda
行松陽介
100mado
API

Adv./ Contact S Member/ Under 23/ Before 23:00: 2500 JPY
With Flyer: 3000 JPY
Door: 3500 JPY

BUY TICKETS: RA Japan e+ Clubberia

 

2/19(日) Contact 17:00 – 23:00

Alessandro Cortini + Merzbow [live]
Ena + Rashad Becker [live]
A Vision of Love [live]
Ryo Murakami [live]
KILLER-BONG [live]
Atsuhiro Ito [live]
カイライバンチ [live]
VELTZ [live]
BUN [live]
威力
Compuma
DJ Yazi
Iroha [VJ]

Adv./ Contact S Member/ Under 23/ Before 18:00: 3500 JPY
With Flyer: 4000 JPY
Door: 4500 JPY

BUY TICKETS: RA Japan e+ Clubberia

 

前売り券はディスクユニオン(渋谷クラブミュージックショップ、新宿クラブミュージックショップ、下北沢クラブミュージックショップ、お茶ノ水駅前店、吉祥寺店、柏店)Los Apson?Julius Tokyo Store の店頭でも販売中です。

Berlin Atonal travels to Japan at the end of February 2017 to present the first edition of New Assembly Tokyo. This three day excursion begins officially with an opening concert at SuperDeluxe on Friday 17. February 2017. Headlining the event is the Japanese premiere of Alessandro Cortini’s audio-visual masterpiece AVANTI. Cortini acquaints music with memory, embracing the panorama of his family’s vintage Super 8 films. These snapshots of family life, captured by his grandfather, create a visual basis for him to further develop the melancholy of remembrance as sung by his instruments. The project began as a simple improvisation (utlizing a Synthi AKS) and evolved into a meditation on living memory through sound. Joining him on the night is the Danish noisenik Puce Mary, one of the most exciting voices in contemporary industrial and noise music. Her standout recent releases on Posh Isolation as well as her impossible-to-forget live shows have firmly established her as today’s preeminent exponent of dark – and at times darkly beautiful – noise. The Osaka-based Synth Sisters are Japan’s foremost purveyors of deep, psychedelic and cosmic synthesiser soundscapes. Their 2016 full-length release Aube on Chee Shimizu’s 17853 label brought them into greater international attention. Experienced performers also as Crossbred for many years, their highly anticipated live show as Synth Sisters brings Tangerine Dream into 21st century Tokyo.

On Saturday 18. February attention turns to Contact for a club night from 22:00 until late. Leading the line is DJ Stingray 313, the veteran techno producer who has been representing Detroit’s sound for over 25 years with legendary masked DJ sets around the world, and three dozen releases – including records on labels like Planet E and Mahogani Music. A show from Sigha (Blueprint, Avian, OCS and most recently, Token) offers a chance to see a producer at the top of his game, playing live for the first time in Japan. Laurel Halo is known as one of the most forward-thinking DJs active today, and will bring to New Assembly a trademark heterogeneous, moody and frenetic set, uniting all the various strands of her musical interests. The main room programme is filled out by Osakan footwork mutant DJ Fulltono and Rural festival resident Okuda. The Contact room augments the energy of the first with an equally unorthodox and uncompromising selection of artists. Renick Bell, the explosive recent signing to Lee Gamble’s UIQ label, will use his own algorithmic live coding environment to produce a generative, unpredictable alien music that exists somewhere between Techno and Footwork. He will be accompanied by two very unique Japanese DJs: Yousuke Yukimatsu hailing from Osaka, a host of the Zone Unknown party whose singular style blends all things unexpected, and Tokyo’s 100mado known for exploring the low frequency science through Back To Chill events alongside Goth Trad and Ena for many years.

The following night – on Sunday 19. February – New Assembly culminates with two world premiere live shows and a host of other eclectic concert performances, again at Contact in Shibuya. The headline show in Studio X sees the world premiere of the new collaboration between incomparable Japanese noise legend Merzbow and Alessandro Cortini. Another freshly minted collaboration commissioned by New Assembly sees Rashad Becker – in fine form following his intricate and technicolored masterpiece released last year on PAN – team up with visionary Japanese producer Ena. Ryo Murakami reprises a live show after his spectacular show at Berlin Atonal in 2015, while A Vision of Love – the rougher, noisier, ambient side-project of Sigha – explores the wrought iron mechanics of sound itself. This year sees Black Smoker Records celebrate 20 years in the business, and Berlin Atonal is honoured to invite them to curate the Contact room for the final night of New Assembly with a full roster of local talent. The label’s frontman Killer-Bong, Atsuhiro Ito, カイライバンチ (Kairai-Bunch), Veltz, Bun will all play a live set, accompanied by DJ sets from 威力 (Iryoku), Compuma and Yazi, and VJ Iroha. Together, they will demonstrate the true capacity of Japan’s most cutting-edge music collective.

A preview show on the 16. February will be streamed live from DOMMUNE and feature performances by New Assembly artists Laurel Halo, Puce Mary and Compuma, as well as an interview with Alessandro Cortini.

2017年2月後半、Berlin Atonalは初のサテライト・イベントNew Assembly Tokyoを開催するため日本へ渡ります。3日間に渡る音の冒険の公式オープニング・コンサートは、2月17日金曜日にSuperDeluxeで行われます。この夜のメインを飾るのはAlessandoro Cortiniによるオーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンス、「AVANTI」の日本初公開です。Berlin Atonal 2016にて世界初公開されたこのショーは、フェスティバルの中でも最も大きな感動を呼びました。Nine Inch Nailsのエレクトロニクス奏者として、また〈Hospital Records〉や〈Important Records〉からのソロ作品のリリースで知られるCortiniのこの演目は、Super 8フィルムで撮影された彼自身の家族の映像の記憶を音楽で辿るという内容です。彼の祖父の手によって記録された家族生活の断片をビジュアル的な主軸とし、過去へのメランコリーが彼の楽器を通して奏でられていきます。このプロジェクトは(Synthi AKSを使用した)シンプルな即興として始まり、記憶への瞑想を音で表現した作品へと昇華しました。もう一人はデンマークのノイズ作家で、現在のコンテンポラリー・インダストリアル及びノイズ音楽で最も刺激的な存在であるPuce Maryです。最近の〈Posh Isolation〉からのリリースにより突出した才能を発揮した彼女のライブは、一度見たら忘れられない、今日におけるダークで、時に美しいノイズの先導者としての個性を放つものです。大阪を拠点とするデュオSynth Sistersは日本でも最もディープでサイケデリックでコズミックなサウンドスケープを描き出すシンセ奏者です。昨年Chee Shimizu氏のレーベル〈17853〉からアルバム『Aube』を発表し、海外からも熱い注目を集めました。Crossbredとしても長年活動してきた彼女たちの、Synth Sisters名義での待望のライブは21世紀版のTangerin Dreamと呼ぶべきサウンドを東京で聴かせてくれることでしょう。

2日目となる2月18日土曜日は渋谷Contactを会場に、22時からエクレクティックなプログラムの強力なクラブ・イベントを開催します。筆頭ゲストは、ベテランのテクノ・プロデューサーで、デトロイトのサウンドを25年以上に渡って発信し続けている、伝説のDJ Stingrayです。マスクを被ったDJとして知られているだけでなく、〈Planet E〉や〈Mahogani Music〉といったレーベルから数十枚に及ぶリリース、DoppelereffektのHeinrich Muellerとのコラボレーションなども行ってきました。Sigha(Blueprint、Avian、OCS、そして最も最近ではTokenからリリース)の日本初となるライブは、現在絶好調のこのトップ・プロデューサーの実力を体験してもらえるものになるでしょう。さらに先駆的な感性を持つアーティストとして知られるLaurel HaloのDJセットは、彼女の異種混合で、ムーディーかつ時に熱狂的なサウンドをNew Assemblyにもたらしてくれます。メインフロアにさらなる彩りを加えてくれるのは、大阪の突然変異型フットワークDJ FulltonoとContactではお馴染みのrural及びVetaのレジデントOkudaです。Contactルームの方もメインに勝るとも劣らない、型破りで妥協のないアーティスト・セレクションでお送りします。Lee Gambleの〈UIQ〉レーベルのからの最近のリリースで大きなインバクトをもたらしたRenick Bellは、その場でテクノとフットワークの間に位置するような、未知のエイリアンのような音楽を生成していくアルゴリズムをライブ・コーディングするという独自のパフォーマンスを披露してくれます。さらに大阪でZone Unknownを主催する行松陽介、Goth TradやEnaと長年に渡りBack To Chillで低音域の可能性を模索してきた100madoがDJとして加わります。

イベント最終日の2月19日日曜日は、再び渋谷Contactを会場に、メインフロア Studio Xでは4組の特別なパフォーマンスを用意している他、Contactルームでは東京の鬼才集団Black Smoker Recordsが実験的かつ型破りでアヴァンギャルドな混沌の音世界を作り上げます。Studio Xの目玉となるのは日本が誇る唯一無二のノイズ・レジェンドMerzbowと元Nine Inch NailsのキーボーディストAlessandro Cortiniの二人による世界初公開のコラボレーション・ライブ。二組目は、昨年末に〈PAN〉から緻密で色彩豊かなマスターピース・アルバムを放ったばかりのRashad Beckerと、先見の明を持つ日本人プロデューサーEnaによるもの。2015年のBerlin Atonalで壮観なショーを披露してくれたRyo Murakamiも、今回のイベントに戻ってきてくれます。そして、Sighaによる、より荒く、ノイジーなアンビエント・プロジェクト、A Vision of Loveのライブも日本初公開となります。今年20周年を迎えるBlack Smoker Recordsには、Berlin Atonalからの敬意を表してContactルームのキュレーションを依頼し、New Assembly最後の夜を飾ってもらえることになりました。レーベルのフロントマンであるKILLER-BONGを筆頭に、伊東篤宏カイライバンチVELTZBUNがそれぞれライブで、威力YAZICompumaがDJプレイで、そしてIrohaがVJで日本の最もカッティング・エッジな音楽表現を存分に体験させてくれるでしょう。

2月16日木曜日の21:00からは、イベントのプレビュー番組がDOMMUNEよりストリーミングされます。New Assemblyのアーティスト、Laurel HaloPuce MaryCompumaによるパフォーマンス及びAlessandro Cortiniのインタビューをお送りします。

またディスクユニオン6店舗Los Apson?ではNew Assemblyノベルティー・キャンペーンを開催中。Julius Tokyo Storeでは2/11(土)からNew AsssemblyオリジナルTシャツを販売します。

Contact
ORG Systems UG (Haftungsbeschränkt)
Frankfurter Allee 14
10247 Berlin